最新情報

12月例会懇親会を開催しました!

12月7日(土)、15時より近江八幡市立八幡小学校の体育館にて12月例会を、18時30分よりホテルニューオウミにて懇親会を開催いたしました。
いつもの例会の開催場所と異なる理由、それは、この日が2019年度卒業式だからです。

青年会議所は1月から12月までの1年間を一区切りとしますので、12月は青年会議所にとって卒業シーズンなのです。
そして青年会議所は私たちメンバーにとって最後の学び舎と呼ばれるところでもあることから、今年は、最初の学び舎である小学校の体育館を卒業式の会場に選びました。
一人一人名前を呼ばれて入って来る卒業生の皆さんを拍手で迎え、谷口 豊理事長の挨拶があり、その姿はまるで校長先生のようで、本当に懐かしい気持ちが湧いてきました。


まずは今年特に目覚ましい活躍を見せてくれたメンバーや委員会への褒賞発表及び授与が行われました。
色々な苦労もあったと思いますが、今年のスローガン「一生感動」に彩りを添えてくれた功績は本当に大きいものでした。


その後、1年間の振返り映像を上映し、様々な活動をしてきた私たちの姿を映像で振り返りました。

そして、卒業証書授与式へと移り、卒業生お一人お一人よりご挨拶をいただきました。
今年の卒業生は7名。在籍の長いメンバーも短いメンバーも40歳を迎える年で卒業です。
それぞれに楽しかったこと、辛かったこと、仲間と分かち合った様々な思い出がよみがえってきて涙をこらえ切れない卒業生もいました。

そして理事長から卒業生代表の塚本 健一君へ卒業記念品目録が贈呈された後、小学校の卒業式の時のように在籍メンバーから卒業生に向けて呼びかけをし、「旅立ちの日に」を合唱しました。

在籍メンバーを代表して亀井 頌司君より送辞が読まれ、卒業生を代表して西村 洋助君より答辞が読まれた後、プレジデンシャルリース引継ぎ式にて次年度理事長の岡田 大輔君へ理事長バッジが渡されました。



続いて会場をホテルニューオウミに移し、特別会員の方々をお招きして懇親会を開催いたしました。
今年は27名もの歴代理事長・特別会員の方々にご参加いただき、賑やかな懇親会となりました。
また、卒業生へたくさんのお花も届けられました。


ここでもう一度今年1年の振返り映像が流れ、特別会員の方々にも私たちの1年間の活動内容を見ていただきました。
そして日々努力を重ね、活躍してこられた4名の委員長より一言ずつご挨拶がありました。
熱い想いを持って頑張ってこられた委員長の皆さん、1年間お疲れ様でした。
また、サプライズで卒業生へゆかりのある方よりメッセージが送られる映像も流れ、お一人お一人に向けて思い出深いエピソードを交えて祝福の言葉が送られました。


今年は経歴・経験ともに深い卒業生が多く、卒業生挨拶では思い出やお世話になった方々を語り出したら止まらなくなるほど、泣き笑いのエピソードに溢れていました。


最後は皆で輪になって「若い我等」を歌い、記念写真を撮りました。


ご卒業の皆さん、おめでとうございます。

本当にこの1年、谷口 豊理事長率いる近江八幡青年会議所は感動に溢れていました。
卒業される皆さんの人生の1ページにも、最後の学び舎である近江八幡青年会議所での思い出がしっかりと刻まれたと思います。
「一生感動 いま、何をなすべきか ~さあ、未来への扉を開けよう~」
1年間、ありがとうございました。