最新情報

サマーコンファレンスに行って来ました!

7月21日(土)~22日(日)、パシフィコ横浜で開催されたサマーコンファレンスに行って来ました。



サマーコンファレンス(サマコン)とは?

サマーコンファレンスとは、毎年この時期に開催される催しで、政治・経済・社会など様々な場面で活躍されている著名人や有識者が行う講演やセミナーがあったり、その時代に則したシンポジウムやフォーラムがあったりするなど、会場のあちこちで催される一大イベントです。
その歴史は長く、1966年から始まり「政治問題セミナー」から「青年経済人会議」、「JC東京会議」そして「横浜サマーコンファレンス」と名称を変えて規模も拡大し今に至ります。
今年は「地球と向き合う2日間」と題して、誰もが身近に始められるSDGs(国連で掲げている持続可能な開発目標:2030年までの17のゴールと169のターゲットで、地球上の誰一人として取り残さない国際目標)の実現に向けて日本JCが様々な企業、団体と共に政策の成果を発信する趣旨で行われました。

全国からLOM(各地会員青年会議所)が集まり、それぞれ興味のあるセミナーやフォーラムに参加していました。
私たち近江八幡青年会議所もサマコンの雰囲気を体いっぱいに感じながら著名な方やJCで活躍されている方のお話を聞き、昨今話題となっているコンプライアンスについての問題や多子社会の実現に向けてのアクションプランなど、今まさに私たちにとって関心のあるテーマをたくさん学んで来ました。


会場にはSDGsに対する理解を深めてもらうためにSDGs PARKが設けられ、ご家族連れやお子様でも楽しめる体験型のコーナーもあり、夏休みに入ったばかりの子どもたちにとってワクワクしながら学べる有意義な場所でもありました。

今回学んだことを各自持ち帰り、JC活動や職場、家庭など社会生活の中で生かしていきたいと感じた意義深い2日間でした。