最新情報

地域の課題解決への一歩・開校!JCアカデミー

6月17日(日)10時30分より高島市立広瀬小学校(現在は廃校)にて、県内11LOMのアカデミーメンバーが集い、各地域の課題に対してその解決策のプレゼンテーションを行うアカデミー事業が開催されました。

今回の事業は、広瀬小学校の体育館にて各LOMのアカデミーメンバーがプレゼンテーションを行うところからスタートします!我々近江八幡JCの課題は、ズバリ!「年少人口の減少」ということで、亀井頌司君・木村真平君が中心となって作成した資料をもとに発表です(^^)

必死のパッチで頑張っております!

各LOMの発表を聞いて、地域の様々な課題を実感します。「地域の閉鎖性」を課題に挙げているLOMもあれば、「空き家問題」を課題としているLOMもあり、かと思えば身近に起こった事件をきっかけに「安心安全!」をテーマにされているLOMもあり非常に興味深いプレゼンテーションでした。

その後、各教室に分かれて意見交換会を行い、プレゼンの内容をブラッシュアップ!自分たち以外の方のご意見・批判・提案によりさらに良い解決策が出来上がっていきます。その後、再び体育館に戻り、ブラッシュアップをした資料をもとに最終のプレゼンテーションを行いました。

 

最後は、各班に分かれての大縄跳びで他LOMのメンバーと楽しく交流(^^)

こちらでもジャ~ンプ(^^)

そして、大縄跳びで見事優勝を勝ち取ったチームは・・・

佐藤隆司君のチームでした!おめでとうございます!!

本当に終わってみるとあっという間の一日でした。アカデミーメンバーで楽しく地域の課題に対して真摯に向き合うことのできた一日でした(^^)

そして、最後は我らが亀井頌司君の気合十分の閉会宣言で幕を閉じたのでした(^^)

ご設営いただきました(公社)近畿地区滋賀ブロック協議会の皆様、貴重な学びの場をいただきまして本当にありがとうございました!